1. TOP
  2. 注目ニュース

注目ニュース

2017年6月

17.06.30 (Saudi Gazette)
国営通信SPAは一部メディアがサウジアラビアとロシアの関係について間違ったニュースを流していると報道した。
17.06.29 (Arab News)
労働社会開発省によれば、販売部門に従事する労働者の数はサウジ人24万人に対して外国人は52万人であり、外国人が68.5%を占めている。同省は4月にショッピングモールの業務はサウジ人に限ると発表している。
17.06.29 (Saudi Gazette)
SEDCO開発はジェッダのAl-Rawdah複合開発を決定した。住宅、ショッピングモール、商業ビル、ホテル等から成るAl-Rawdahは敷地面積7万平方メートルで第1期工事は26,000平方メートルが開発される。
17.06.29 (https://www.meed.com/sectors/power-and-water/water/exclusive-saudi-arabia-to-privatise-worlds-largest-desalination-plant/5017845.article?blocktitle=Latest-from-MEED&contentID=22829)
アラムコはアラビア湾沿岸のRas al-Khairの港湾施設建設第二期の入札を今年第4四半期に実施する予定である。施設はドライ・ドック数基、ふ頭その他で構成される。第一期の浚渫、埋め立て工事の入札は地元Huta MarineとオランダArchirodonが最低金額であった。
17.06.29 (MEED(有料会員限定))
Ras al-Khairにある世界最大の造水プラントが民営化される。海水淡水化公団(SWCC)は民営化アドバイザー業務の提案書の提出期限を7月第2週とした。同プラントは造水能力日産102.5万立方メートル、発電能力2,400MW。
17.06.28 (Arab News)
Al-Jubeir外相はカタールに提示した13項目の要求は交渉の余地のないものであると述べている。ワシントンに滞在中の同外相はティラーソン国務長官に再度サウジの立場を主張した。国務長官はその直後にカタール外相及び調停役のクウェイト外相とも会談している。
17.06.28 (Arab News)
バーハ州で州知事臨席のもとAl-Hamraniスタジアム及びスポーツ複合施設がオープンした。スタジアムは広さ9,800平方メートル、収容人員9千人。
17.06.28 (Arab News)
エネルギー専門家はムハンマド・ビン・サルマンの皇太子就任により将来の石油市場にいくつかのインパクトがあると述べている。Gulf Research Centerのスファキアナキス氏はアラムコのIPO(株式公開)が確実になり、またOPECに対する支配力が強化されるであろうと語った。
17.06.27 (Arab News)
ムハンマド・ビン・サルマンの皇太子就任を好感してナショナル・コマーシャル銀行の株価は15%上昇、また経済改革の重点分野とされているサウジ鉱山会社Maadenの株も20%アップした。小売りチェーン最大のJarirのAlagil会長は政権移譲が非常にスムーズであったと評価している。
17.06.27 (Alriyadh)
安倍総理大臣はムハンマド皇太子と電話会談を行い、皇太子就任に祝意を表するとともに両国の関係強化について意見を交換した。
17.06.27 (Arab News)
商業投資省はEid休み中の小売市場における商品の便乗値上げあるいは品質問題について広くモニターを実施する。消費者のための苦情受付センターも開設されている。
17.06.27 (MEED(有料会員限定))
エジプトのデベロッパーAl-Ahly不動産開発は、リヤド南方Al-Kharjと東部地区ダンマンに予定されている低所得者用住宅10万戸の建設契約に応札する。住宅省は2020年までに158億ドルを投入して40万戸を建設する計画である。
17.06.26 (OPEC Press Release)
OPEC(石油輸出国機構)のBarkindo事務総長はムハンマド・ビン・サルマン王子のサウジアラビア皇太子就任に祝意を表した。事務総長は新皇太子のOPECに対する支援に感謝するとともに、皇太子がビジョン2030によりサウジアラビアの発展と改革に寄与することを確信すると述べた。
17.06.25 (Arab News)
サルマン国王は市民および世界中のムスリムにEidを祝うメッセージを発信した。またイスラーム各国の首脳と祝電を交換した。
17.06.25 (Arab News)
巡礼省では今年のハジ及びウムラのビザ発給件数が675万件であったと発表、昨年は639万件であった。巡礼者の数はパキスタンが145万人で最も多く、次いでインドネシア88万人、インド52万人であった。
17.06.25 (Alriyadh)
7月1日から外国人の扶養家族に対して月額100リアルが課税される。居住ビザ更新時に徴収され、2018年7月からは200リアル、2019年7月からは300リアル、そして2020年7月からは月額400リアルになる。
17.06.25 (Saudi Gazette)
W7worldwideが行ったアンケート調査によれば、イスラーム関連のウェブサイトの99%は15歳から27歳の若者の興味を引き付けていない。調査は57のアラブ・ムスリム諸国の1,000のウェブサイトを対象に行われた。
17.06.24 (Arab News)
政府は新月を確認し6月25日(日)をEid Al-Fitrの最初の日と定めた。UAE、クウェイト、カタール、インドネシア、日本等でも同日をEidと発表している。Eidはイスラーム暦Shawwalの最初の日でもある。
17.06.23 (Arab News)
カタールと断交したサウジ等4か国は、カタールに対してイランとの断交、アル・ジャジーラ放送局の閉鎖、トルコ部隊の撤退などを求める13項目の要求を突き付けた。10日以内の回答を求めている。
17.06.23 (Arab News)
内務省はマッカのグランドモスク襲撃を計画したとして過激派組織の拠点3カ所を捜索した。ジェッダでは治安部隊と容疑者の銃撃戦となり容疑者は自爆、またマッカ東部では容疑者を逮捕した。
17.06.23 (Saudi Gazette)
ニッサン・サウジアラビアのCOOにHoussami氏が任命された。Houssami氏は48歳、レバノン国籍。サウジ及び湾岸地域でのGM車の販売経験を有する。
17.06.22 (Arab News)
政府主要ポストの人事勅令が21日発出された。駐独大使にハリド・ビン・バンダル王子、駐伊大使にファイサル・ビン・サッターム王子など。
17.06.22 (Arab News)
サルマン国王は21日、ムハンマド・ビン・ナイフ皇太子を解任し、ムハンマド・ビン・サルマン副皇太子を新皇太子とする勅令を発令した。新皇太子はサルマン国王の子息で、これにより王位を直系で継承する道が開かれた。
17.06.22 (MEED(有料会員限定))
昨年カットされた公務員及び軍属の各種付加給、ボーナスなどが復活、昨年9月に遡及して支給される。
17.06.22 (Saudi Gazette)
JCCME(中東協力センター)がアレンジしたサウジ水質環境協会(SAWEA)の視察団9名が来日、8日間にわたり、神戸、堺、東洋紡岩国工場、東京など各地の施設・工場の最新技術を視察、日本企業と意見交換を行った。
17.06.21 (Saudi Gazette)
Forbes ME誌が恒例の2017年アラブ100社番付を発表、サウジ企業が36社を占めている。油価の上昇を受けて100社の市場価値総額は前年比12%の7,720億ドル。SABICがトップである。利益総額は9.7%減の529億ドル。分野別では金融業が最大。
17.06.21 (Arab News)
Eid休日が1週間延長される。公務員は25日(日)から休暇に入り、7月9日(日)に業務を再開する。
17.06.21 (Arab News)
内務相がムハンマド・ビン・ナイフからアブドルアジズ・ビン・サウドに交代した。前内務相は23日に皇太子を解任されている。新内務相は1983年生まれ。サウド・ビン・ナイフ東部州知事の子息で前内相の甥にあたる。
17.06.21 (Arab News)
パリの航空ショーでサウジとウクライナが共同開発したアントノフAN-132が展示されている。AN-132は積載荷重9.2トン、高度28,000フィートで航続距離は4,500KM。プラット&ホイットニー製エンジン2基を搭載している。
17.06.20 (MEED(有料会員限定))
トルコの建設業者Mapa社はAl-Raidah投資会社がジェッダで開発中の大型多目的住宅プロジェクトの第2期工事を受注した。114棟の住宅用ビルを含め総額6.5億ドル。プロジェクト全体の規模は住宅ゾーン120万平方メートル、商業ゾーン100万平方メートル。
17.06.19 (Arab News)
他社がスポンサーシップを有する外国人を雇用した場合あるいは逆に自社の配下にある者を他社で働かせた場合は罰金25,000リアル、採用活動1年間の停止となる。2度目の違反は罰金5万リアル、3度目なら罰金10万リアル、5年間の採用活動禁止である。
17.06.19 (Saudi Gazette)
カタールbeIN Sportsチャンネルの独占打破を目指し、サウジアラビアは近くスポーツ放送専門のチャンネルBBS Sportsを開局する。このためサウジ、UAE、エジプトなどアラブ10か国から成るチームが編成された。
17.06.19 (Saudi Gazette)
食品加工業のAl Kabeerグループはアブダッラー国王経済都市(KAEC)の工業地区Industrial Valleyにハラールの冷凍食品工場をオープンした。敷地面積44,493平方メートル、工場面積は7,943平方メートル。年産能力は9千トン。
17.06.19 (Saudi Gazette)
ジェッダ国際港に新コントロール・ルームが完成した。税関検査区域は1.75ギガのネットワークで結ばれ、税関吏はX-線検査装置と連動したタブレットでコンテナー検査業務を24時間以内に完了できる。
17.06.19 (Saudi Gazette)
Yanbu技術研修所とGE Oil &Gasは広範囲な工業問題デジタル処理の総合職業訓練を共同で実施する。YTIは1989年に設立、サウジ人技術者の能力向上に大きく貢献している。
17.06.18 (Arab News)
サウジ技術者協会(SCE)では過去6年間に2,294件の技術者証書偽造があったと述べている。2015年および2016年の偽造件数は各々271件及び185件であった。
17.06.18 (Arab News)
勅令が発出され捜査検事局(BIP)の名称が検事局(Public Prosecution)に変更され国王直属となる。また民間航空総局(GACA)局長にMohammed Al-Tamimi、国税庁(GAZT)長官にMohammed Abanumaiが任命された。
17.06.18 (MEED(有料会員限定))
米エンジニアリング企業Bechtel社のサウジアラビア担当マネージャーにサウジ人のAl-Ghabbanが任命された。Al-Ghabban氏は国内の公共及び民間分野で10年以上働いたのち、2013年にBechtelに入社している。
17.06.17 (Arab News)
KACST(アブドルアジズ科学技術大学)は無人飛行機(ドローン)製造工場の第一期が完成したと発表。1号機Saqr1はカーボン・グラスファイバー製衛星通信機能付きで、航続時間24-48時間、航続距離2,500KM。Saqr2, 3, 4号機も製作されている。
17.06.17 (Arab News)
カタールとの断交に伴う空路閉鎖に関し、サウジアラビアなど4か国の代表者は国際民間航空機関(ICAO)のモントリオール本部で状況を報告した。サウジからはAl-Hamdan運輸相が出席。
17.06.17 (Arab News)
高速巡礼鉄道(Haramain Express)はアブダッラー国王都市駅とラービグ駅の間で時速300KMの走行に成功した。マッカからジェッダ空港、ラービグを経由してマディナを結ぶ450KMの鉄道は今年末に完成の予定で年間輸送能力は6千万人。
17.06.16 (Arab News)
サウジ通貨機構(SAMA)は保険会社に対してラマダン祝日明けの7月2日以降は保険請求受付及び顧客相談窓口業務をサウジ人に限定するとの通達を出した。2016年の保険会社のサウジ人化率は58%である。
17.06.16 (Arab News)
政府は18(日)、19(月)を休日とした。これにより公共部門及び軍関係の公務員は16日(金)からEid Al-Fitrの祝日に入る。
17.06.15 (Saudi Gazette)
医療保険の不正受給が後を絶たず、保険会社では請求件数の25%を支払拒否している。保険会社の査定あるいは監視能力の不足が原因で、契約者の保険証偽造あるいは病院側の不正請求が見られる。
17.06.15 (MEED(有料会員限定))
Kingdom HoldingはUAEのAbraajグループが保有するライドシェアのCareem社株式を一部買い取った。2012年にドバイで創業したCareem社は80都市で事業展開しており、日本の楽天、サウジ通信公社(STC)も株主である。
17.06.14 (Saudi Gazette)
8日(木)、奥田駐サウジ大使は日本の大学からの帰国留学生及びその家族を大使公邸に招き、ラマダンのイフタール・パーティーを開いた。翌9日には東京の首相公邸でムスリム諸国38か国の大使を安倍首相が招待している。
17.06.14 (Arab News)
サウジアラビアが国際労働機関(ILO)の非常任理事に選任された。任期は2020年までの3年間。アジア地区代表として総投票数253票のうち168票を獲得した。
17.06.14 (Arab News)
労働者保護のための各種罰金が引き上げられる。サウジ人労働者本人の同意なしにGOSI(社会保険庁)に登録した場合、雇用者に25,000リアルの罰金が課せられる。その他サウジ人のための業務に外国人を雇用した場合は罰金2万リアルなど。
17.06.14 (MEED(有料会員限定))
イタリアの建築設計企業Shiattarella AssociatiはHailに建設されるモスクの設計を受注した。モスクは面積22,500平方メートル、収容能力は3千人である。現在国内では28億ドル相当のモスクが計画あるいは建設中である。
17.06.14 (MEED(有料会員限定))
マッカで不動産開発を手掛けるJabal Omar開発はプロジェクトの中核となるホテルの運営をUAEのEmaarに委託する契約を締結した。ホテルは2019年開業予定。総面積2百万平方メートルのJabal Omar地区には37棟の高層ビルが建設される。
17.06.13 (MEED)
アラムコは推定45億ドルのHadadh及びHawiyahのガス処理拡張プロジェクトの入札期限を7月3日から8月1日に延期した。10億ドル強のHawiyahガス処理プラント拡張他4件のEPC工事が対象で処理ガス量は日産10億立方フィート。
17.06.12 (The Peninsula)
教育省はムスリム聖職者国際ユニオン会長であるYousef al-Qaradawiの著作をすべての教育分野から撤去するよう命令した。Qaradawi師は先にサウジ、エジプト、UAE及びバハレーンがテロに関連しているとした59名のリストに名を連ねている。
17.06.12 (Arab News)
11日(日)からタバコとソフトドリンク(滋養飲料)の税率が変わりソフトドリンクの価格は2倍の一缶2.25リアルになる。昨日のスーパーマーケットのソフトドリンクの棚は空になった。
17.06.12 (Arab News)
Al-Hamdan運輸相はタクシー運転手をサウジ人に限定する閣議決定により若者の就業機会が増えると述べた。現在タクシー会社には12万人のサウジ人が雇用されているが、今後3年間で20万人の雇用が見込まれる。
17.06.12 (Arab News)
最近の調査でサウジ鉱山業の成長の障害が明らかになった。最大の障害は加工せずに原石のまま輸出することであり、その他人材不足等が挙げられている。NTP2020では2020年には鉱山業のGDPは現在の640億リアルから970億リアルになるとされている。
17.06.11 (Arab News)
司法省は透明性向上のため裁判及び公証制度の9つの分野でウェブ上に毎月データを公表する。公表されるデータは裁判所の受付及び判決件数、結婚及び離婚の分析資料など。
17.06.11 (Arab News)
ジェッダ商工会議所ファッション・デザイン部会はファッション産業で今後5年間にサウジ人女性2,500人の仕事を生みだす計画である。数社のビジネスオーナーと提携し小さな縫製工場を立ち上げる。ファッション産業の総投資額は150億リアルと見込まれる。
17.06.11 (Saudi Gazette)
ジュベールのSadara石油化学は国内初のBGE(Butyl glycol ether)の商業生産を開始したと発表。BGEは農薬、溶剤、可塑剤などの原料となる。Sadara石油化学はアラムコと米Dow社の合弁事業。
17.06.09 (Arab News)
洗剤の模造品製造工場が摘発され10人が6乃至10か月の懲役及び罰金10万リアルの刑を宣告された。
17.06.08 (Saudi Gazette)
今月15日から9月15日までの間、12時から午後3時の屋外労働が禁止される。規則に違反した場合は30日間の業務停止及び3,000-10,000リアルの罰金が課される。労働社会開発省では労働者保護のため毎年夏季の屋外労働を禁止する省令を発出している。
17.06.08 (Saudi Gazette)
諮問評議会は汚職撲滅委員会(Nazaha)に対して、民間部門における汚職とその公共部門への影響を調査するよう要求した。また評議会は労働社会開発省に対し共同で汚職対策のNGOを設立することを提案した。
17.06.08 (MEED(有料会員限定))
サウジとバハレーンは両国をつなぐ第二海上橋プロジェクトに関心のある企業、金融機関、投資家に対し6月29日に説明会を開く。第二海上橋は道路・鉄道の併用橋で第一海上橋に隣接して建設される予定。
17.06.07 (Saudi Gazette)
サウジ電力公社(SEC)の民営化に伴う電力買付窓口として設立されたサウジエネルギー購入会社の第1回取締役会が開催された。新会社はSECが100%出資し、資本金は2百万リアル。
17.06.06 (MEED(有料会員限定))
サウジアラビアがカタールとの国境を封鎖したため、カタール国内の建設プロジェクトに大きな影響が出ると見込まれる。特に建設資材はその50%がサウジとの国境を通じて陸上輸送されている。
17.06.05 (Saudi Gazette)
来年1月から実施されるVAT(付加価値税)法の条文について電子フォームで公開コメントを受け付ける。締め切りは6月29日。
17.06.05 (Saudi Gazette)
勅令により今月ラマダン月の給与は前倒しで18日(ラマダン月23日)に支払われる。市民は例年ラマダン明けの祝日Eid Al-Fitrに備え事前に買い物をする習慣があるため。
17.06.05 (Saudi Gazette)
上場不動産企業としては国内最大のDar Al-Arkan開発はZiad El ChaarをCEOに任命した。El Chaarの前職はドバイDamac不動産のManaging Director。
17.06.05 (MEED(有料会員限定))
アラムコと仏Totalの合弁事業Satorpがジュベールに計画している900MW石油コークス燃料発電プラントはBOOT方式で今年中に入札される見通しである。技術アドバイザーには米国Jacobsエンジニアリングが指名されている。
17.06.05 (The Peninsula)
アラムコはアジア、米国及び北西ヨーロッパ向けの7月積原油価格を値上げした。アラビアンライト原油のアジア向け公式販売価格は60セント値上げ。
17.06.04 (Gulf News)
UAE最大のヘルスケア企業NMC Healthはサウジアラビアで病院その他医療施設物件を探している。NMCは特にサウジアラビア航空の医療施設に興味を有している。同社の市場価値は約60億ドル。サウジでは政府系機関の民営化が進行中である。
17.06.04 (MEED(有料会員限定))
サウジ民間航空総局(GACA)はリヤド国際空港の貨物取扱契約の入札期限を当初の6月3日から7月1日に延期した。同空港の昨年の貨物取扱量は35万トンであった。
17.06.04 (Arab News)
Al-Falihエネルギー相はロシアのペテルブルグで開かれた国際経済フォーラムで講演、石油化学及び再生エネルギーの研究開発推進を促した。また同相は2050年までに世界の石油需要がピークに達するとの見通しを否定した。
17.06.03 (Arab News)
ゴールドマン・サックスが資本市場庁(CMA)に株式取引業務の認可申請をした模様である。同社は仲介業者として2009年から業務を始めている。2014年にはCMAが規則を改訂している。
17.06.02 (Saudi Gazette)
サプライチェーン機器製造の世界的メーカーである独V-LINE Europeが商業ライセンスを取得した。当初の投資額は2,700万リアルの予定で、サウジ国内の中小企業(SME)分野における外国投資としては過去最大級である。
17.06.02 (Saudi Gazette)
ジュベールのSadara化学はポリウレタン原料PMDI(ポリメチレンポリフェニルポリイソシアネート)の商業生産を開始した。Sadaraはアラムコと米Dowの合弁事業。
17.06.02 (Arab News)
バハレーンのSWF(国富ファンド)MumtalakatのAlkooheji CEOはアラムコのIPO(株式公開)に応募する意向を表明した。Mumtalakatは2006年に設立され、運用資産は70億ドル以上。
17.06.01 (Saudi Gazette)
SEDCO Holding傘下の旅行・観光業大手Elafグループは、ジェッダの5つ星ホテルのオープンを公表した。現在首都リヤドでは48のホテルが新規開業準備中であり、国内全体では170ホテル、6万室が建設計画に上がっている。
17.06.01 (Arab News)
アラムコとサウジ国営海運(Bahri)、Lamprell及び韓国現代重工の4社は湾岸最大の造船所を合弁で建設する契約に調印した。建設地はジュベールに近いRas Al-Khair。総投資額52億ドルで4基の海上リグ、40隻の船舶を建造する。
17.06.01 (MEED(有料会員限定))
国内初の風力発電所の建設地は、当初計画されたMidyanからDoumat al-Jandalに変更される見通しである。発電規模は400MWで今年4月に24社が入札資格を得ている。
17.06.01 (MEED(有料会員限定))
英国のエンジニアリング企業Foster Wheeler社はMarjan沖合油田の石油・ガス生産設備基本エンジニアリング(FEED)を受注した。契約期間は5年。30万B/Dのガス・石油分離装置の設備費用は概算50億ドル。
17.06.01 (Saudi Gazette)
Al-Falihエネルギー相はOPECと非OPEC産油国が協力して在庫水準を過去5年間の平均値まで引き下げると述べた。モスクワで行われたOPEC-ロシア定期会合後のロシア石油相との共同記者会見で語ったもの。