1. TOP
  2. 注目ニュース

注目ニュース

2011年6月

11.06.29 (Arab News)
ジャリール書店は、サウジをはじめとするGCC域内のショールームを29か所に拡大した。ホフーフの最新店は、オフィス・学校向けの備品7万点、アラビア語・英語書籍3万点などをそろえた。
11.06.29 (Saudi Gazette)
サウジ国内の鉄鋼製品生産は2013年まで年平均14%で伸び続ける。公共プロジェクトによる需要が手堅く、景気後退による不動産関連プロジェクトで中止・延期となったのは4%に過ぎなかった。
11.06.29 (Arab News)
リヤド商工会議所と水電力省との間で、国の水戦略をめぐる確執が深まっている。商工会議所は、水電力省が調査が未完成で不正確なまま公表を行ったと批判しており、戦略策定前に水供給減のデータベースを構築し、新組織を設ける必要があったとしている。
11.06.28 (Arab News)
財務省と商業銀行の協力により、中小企業向けにイスラーム金融支援を行う「カファラ」プログラムは、今後10年で支援企業を1万社に拡大する目標を掲げた。融資保証も融資額の50%から最大80%に引き上げられている。
11.06.27 (Saudi Gazette)
サウジ国内の自動車ディーラーによると、世界的なゴム価格の上昇で、自動車タイヤの価格が最大で約2割上昇している。
11.06.27 (Muscat Daily)
輸入食品に対するGCC統一モニタリングのマニュアルがGCC各国で承認され、WTOに承認され次第運用開始となる。例えばサウジが輸入を許可しなかった食品は、オマーンも審査なしで輸入を禁止できる。
11.06.27 (Saudi Gazette)
内務大臣のナイフ王子は、サウジの各大学に、労働市場のニーズにマッチした職を卒業生に確保する戦略を作るように要請した。失業は社会悪であり、麻薬の乱用などの犯罪にもつながりうるという危機感が背景にある。
11.06.27 (Saudi Gazette)
東部州商工会議所は労働副大臣との会合を開き、ニタカット制度について議論した。商工会議所のある会員によると、企業の8割が「赤」ラベルとなっており、在宅のサウジ人に給与を支払うなど非生産的な方法が講じられる可能性も高い。薬局、診療所、建設業は特に影響が大きい。また労働省独自でなく、社会保険総合機構のデータベースを利用してランク付けが公表されているのも混乱の一因。
11.06.26 (Arab News)
旅行代理店、高級ホテル、娯楽施設、サウジ航空など観光業関連の1,000社以上が、リヤド・サマーフェスティバルに参加する。
11.06.26 (Arab News)
アメリカン・エキスプレス・サウジアラビアは、アメックスのグローバル網で好業績を上げたとして、グローバル網サービス部門長賞を受賞した。同社は、アメックスとサウジ投資銀行の合弁企業として1999年に設立されている。
11.06.26 (Reuters)
南北鉄道を所管するサウジ鉄道会社(SAR)は、ジュベール、ダンマン、ラスアズールを結ぶ鉄道の設計を行っており、間もなく入札を行うと述べた。リン鉱山、ボーキサイト鉱山、ラスアズールのプロセスサイトを結ぶ鉱物鉄道は、5月に部分開通している。
11.06.26 (Arab News)
ナショナル・シッピング・カンパニー(NSCSA)は、韓国の現代尾浦造船に発注した船舶4隻向けの資金調達として、8億2,260万リアルの融資で国内銀行と合意した。
11.06.25 (Arab News)
起亜自動車は、35日間かけて走行試験ツアーでサウジ国内10都市を巡り、各地の消費者に試乗してもらうキャンペーンを行う。
11.06.25 (Saudi Gazette)
コンピュータ、携帯電子機器、AV機器、ゲームなどサウジの家電消費財市場の規模は2011年に42億ドル、15年には53億ドルまで拡大するとの見通しが、BMIレポートで示された。一人当たり支出は158ドルから184ドルに拡大する。全体の45%はコンピュータ関連機器。
11.06.25 (Saudi Gazette)
マッカ(メッカ)の開発プロジェクトについて官民関係者が交流・議論する「フューチャー・マッカ」展が終了、ナショナル・ソーラー・システム幹部は10年で電力需要が倍増するエネルギー業界にとっても有益な交流ができたと述べた。
11.06.25 (Arab News)
キングアブドラ・スポーツシティの一角を占める10万人収容のスタジアムは、ジッダのキングアブドラジーズ国際空港近辺に建設するというアブドラ国王の意向を受け、間もなく開発着手となる。アラブや世界のスポーツイベントを招致する。同シティには、特別病院、ユースホステルなども建設される。
11.06.23 (Emirates 24|7)
サウジ政府は、ランジェリーショップの男性店員を女性に交代させる措置を7月12日に開始すると発表した。労働省次官は、これにより150万人の女性雇用が生まれると発言。リヤド商工会議所が発した通達によると、ナイトドレス、アバヤ、レディメイド服を扱う店も対象だが、罰則措置は明らかでなく、期限が延長される可能性もある。地元紙やフェースブックで始まった運動がイスラーム学者らにも支持された。
11.06.23 (Al Jazeera)
インドネシア人メイドが殺人の疑いで処刑されたことを受け、ユドヨノ大統領は、インドネシア国民のサウジ渡航を停止した。サウジで働くインドネシア人は約120万人。
11.06.23 (Bloomberg)
運動家のグループが女性の運転禁止が終わるまでスバルに営業停止を求めた件で、富士重工の東京本社は電話取材に対し、サウジでの年間販売台数は300~400台程度で、現地に拠点はなく、当社として何も情報がないと話した。
11.06.23 (Saudi Gazette)
労働省と国立人権協会は、7月1日~8月31日の12時~15時に民間企業従業員が休息を取っていることを確認する検査を行う。夏期昼間の労働禁止に関するお触れは、商工会議所に回覧されている。
11.06.23 (Saudi Gazette)
労働大臣は、労働者の権利を守るため、民間企業の労務委員会の役割を強化したいと述べた。労働省は、国際労働機関(ILO)に対してサウジの労働条件の概観と提案を依頼している。
11.06.23 (Saudi Gazette)
カナダのActenum社は、アラムコ子会社から探鉱向けの多目的最適化プログラム「DSO/Upstream」を受注した。
11.06.23 (Saudi Gazette)
メリルリンチとキャップジェミニによる「世界富報告2011」によると、純資産100万米ドル超を保有する富裕層個人の数は、サウジで前年比8.2%増の11万3,300人となった。UAEでは、不動産危機の影響が響き、3.5%の減少となった。中東全体では10.4%増の40万人、資産額は1.7兆ドルまで増加した。依然として米・日・ドイツの上位3か国の富裕層が53%を占める。
11.06.23 (Arab News)
ドイツ・サウジ経済問題リエゾンオフィスとドイツメッセのドバイ事務所との共催となる建設業の展示会「DOMOTEX Middle East 2011」主催者は、サウジなど中東からの出展者や参加者からの反応に手ごたえを感じている。
11.06.23 (Arab News)
省エネや建設費用削減につながるスマートビルの比率は、サウジ国内では5%にも満たないが、この分野への投資は今後8年で1,400億リアルに上ると見る専門家もいる。サウジでは革新的な建設技術はこれまであまり注目されることはなく、内部スペースを広めにとるサウジのビルには適さない面もある。
11.06.23 (Arab News)
Maadenは、アルミ精錬プロジェクト第2期への公共投資基金(PIF)からの融資が承認されたと発表した。36億ドル余りの6割がPIF、工業開発基金等からの融資で賄われる。
11.06.23 (Wall Street Journal)
エネルギー消費を抑制するためには価格を上げるべきところを、中東不安が広がったためサウジでは逆に補助金が増えている。キングアブドラ原子力再生可能エネ都市は、今年中に国家エネルギー政策にて原子力の発電割合を示すとしている。
11.06.22 (化学工業日報)
水ing、海外事業を拡大、中国市場本格参入で秋めどに北京現法 サウジアラビア・リヤドにも年内をめどに拠点設置を検討している経済成長著しいアジアや中近東において設計・調達・建設(EPC)から料金回収までの一連の水ビジネスの実施を目指す
11.06.22 (Arab News)
アリレザ商工大臣は、サウジ・インテグレーティッド・テレコム(SITC)社の設立を承認した。固定・携帯の音声通話が主な事業内容となる。
11.06.22 (Reuters)
サウジアラビアは、日本のバイヤーへの7月原油供給で合意した。中韓台湾の5業者はオファーを拒否した。
11.06.22 (Arab News)
中東のモンスター雇用指数(ネット求人動向調査)はやや悪化したが、サウジ、UAE、クウェートの労働市場は6か月前に比べて改善している。
11.06.22 (Arab News)
フィッチは、サウジ銀行部門の見通しは安定していると発表、発行体デフォルト格付けは中短期で据え置かれるとみられる。
11.06.22 (Press Release)
気象環境機関(PME)は、1991年の湾岸戦争時に被害を受けた北東部の海岸・土壌汚染の回復作業を3億リアルで発注した。
11.06.22 (Arab News)
キングアブドラ経済都市が販売したアルタラ・ガーデンズ・プロジェクトの分譲地第1期は、4時間で完売した。平米あたり500~700リアルと手ごろで、マッカやジッダの中所得者層のみならず、ペトロラービグ、KAUST、KAEC関係者も購入した。
11.06.22 (Saudi Gazette)
デロイトの報告書は、10~15年に25%増とされる中東の電力需要には、一義的には天然ガスで対応が行われるものの、原子力発電の建設は必須と述べた。UAEで建設予定の原発の余剰電力はGCCグリッドに流される
11.06.21 (Arab News)
ユーロマネー誌で、サウジブリティッシュ銀行(SABB)の投資銀行部門であるHSBCサウジがベスト投資銀行に選ばれた。
11.06.21 (Saudi Gazette)
カシオの独占代理店であるMahmood Saleh Abbarのマネージャーは、カシオの製造工場をサウジに立ち上げることを検討していると述べた。同社のナガイ・ツネオ氏は、サウジ市場は巨大で潜在性が高いと述べている。同社世界売上高860億円の15%が中東アフリカ。サウジでは2,000種以上のモデルが販売されており、サウジ国内の既存の14ショールームのリノベーションを計画している。カシオの日本人技術者
11.06.21 (Arab News)
米レイセオンは、サウジのパトリオットエア・ミサイル防衛システムの更新契約を17億ドルで締結した。
11.06.20 (Reuters)
UAEの建設業界最大手のアラブテックは、サウジでの従業員数を2万5千人態勢に倍増し、サウジを最大の顧客とする計画だが、今年中に市場環境は整わないとの見方。また、金利が十分に低くないとして転換社債の発行はすぐには行わないと発表した。
11.06.19 (Saudi Gazette)
サウジでパソコンにインストールされたライセンスなしのソフトウェアの価値が4億1,400万ドルに上り、海賊版率が52%であることがBSAの調べでわかった。
11.06.19 (Arab News)
2010年10~12月期の世界の携帯事業者トップ20にサウジテレコムがランクインした。中東で最大の事業者というだけでなく、インドネシアでの事業展開なども貢献した。
11.06.19 (Saudi Gazette)
サウジ通信委員会(SCC)によると、2011年1~3月期のサウジ国内携帯電話加入者が5,330万人に達した。そのうち86%はプリペイド型。また、ブロードバンドのインターネット利用者は488万人に増えた。
11.06.19 (Saudi Gazette)
仏シュナイダー・エレクトリックは、サウジテレコム(STC)にティア4のデータセンターを納品した。
11.06.19 (Saudi Gazette)
キングサウド大学の政府系投資会社、リヤドバレー公社は、サーナー(Cerner)、ザーミルの2社とリヤドバレーHIS社を設立、サウジ国内の公立・私立病院にヘルスケア情報システム(HIS)を提供する。
11.06.19 (TradeArabia News Service)
農業や不動産開発を手掛けるサウジAwqaf Al Rajhi社は、アルファラク(Alfalak Electronic Equipment & Supplies)社にオラクル社の経営資源計画(ERP)システムを発注する。
11.06.19 (TradeArabia News Service)
サウジ穀物機構(GSFMO)は、戦略的備蓄を行っている小麦を欧米から36万t購入した。11年のサウジの小麦輸入量は昨年から横ばいの200万tとなる見込み。
11.06.19 (Reuters)
キングダム・ホールディングは、エジプトの農業プロジェクトに3.5億ドルを投資する計画で、1か月半後に現地企業との交渉・デューデリジェンスに着手する。
11.06.19 (Arab News)
サウジ国際石化(Sipchem)は、最大20億リアルをムダラバ・スクーク債で調達する。調達資金は、酢酸エチル、韓国Hanwhaケミカルとの合弁、韓国企業とのケーブル向けコンパウンド製造合弁の3つのプロジェクト(総費用10億ドル超)の一部に使われる。
11.06.19 (Reuters)
日立プラントテクノロジーズは、サウジアラムコの石油・ガスプラント向けにコンプレッサーを納品する契約を締結したと日経新聞が報じた。
11.06.19 (Emirates 24|7)
サウジ電力(SEC)の報告書によると、サウジの現在の国内消費トレンドが続くと、現在の原油生産量850万バレルでは2030年にも不足する。SECのヤマニ渉外担当副社長は、政府は電力と水の補助金に500億リアルが投じられていると述べた。原油の生産能力を1,500万バレルに高める計画があるほか、天然ガスや太陽光エネルギー、原発16基の開発計画もある。
11.06.19 (Arab News)
サウジ鉱物会社(Maaden)は、SABICとの合弁事業で、硫酸、リン酸、リン酸二アンモニウム肥料(DAP)の生産を開始したと発表した。フル操業時のDAP生産量300万tは世界需要の1割に相当する。Maadenリン鉱石部門従業員1,200名のうち、操業や管理の6~7割がサウジ人。
11.06.16 (JETRO-通商弘報)
自国民雇用のルールを厳格化-ナショナリゼーション・プログラムを実施-(サウジアラビア)
11.06.16 (Arab News)
社会保険総合機構(GOSI)は、巨大ビジネスパーク「ワハット・グルナタ」の通信インフラのパートナーにエティハド・エティサラト(モバイリー)を選定した。
11.06.16 (Arab News)
サウジテレコム(STC)の取締役会は新組織体制を承認、重要な地位がサウジ人で占められることになった。
11.06.15 (New York Times)
サウジアラムコのIT専門職マナル・アルシャリフ氏がSUVを運転する動画をアップすると、政府は彼女を9日間拘束したが、3万件も寄せられたツイッターは特に規制されなかった。敏感な若者は、ソーシャル・メディアが変化をもたらす可能性にも、またメディアだけでは変わるに十分でない点にも気づいている。
11.06.15 (Emirates 24|7)
サウジアメリカン銀行(SAMBA)は、11年の実質GDP成長率は6.1%まで伸びると予測(名目は5,156億ドル)。財政黒字はGDP比で16.4%に拡大する。
11.06.15 (Saudi Gazette)
調達コストや流通市場の未発達から、スクーク債による資金調達は、SABICやサウジ電力など大企業以外には敬遠されてきたが、ジッダ空港など大規模インフラ開発の資金調達で需要が高まっている。
11.06.15 (Arab News)
ジュベール・ヤンブー王立委員会は、東部州ラスアズールのインフラ案件として8件目となる連絡道路整備を発注、インフラ整備が着々と進んでいる。
11.06.15 (Saudi Gazette)
珠江石油天然气鋼管控股有限公司の子会社、番禺珠江鋼管有限公司(PCKSP)は、サウジAbdel Hadi Abdullah Al Qahtani & Sons(AHQ)社と資本金1億6百万ドルで合弁企業を設立し、LSAW、ERWの鉄管を生産する。
11.06.14 (Sankei Biz)
仮設住宅へ支援 LPG3万円分 サウジアラビア寄贈
11.06.14 (Arab News)
富裕層向けの資産運用会社SEDCOキャピタルが設立された。
11.06.14 (Arab News)
保健省は、健康保険の電子サービスシステム導入について、情報技術コンサルティングの英Devoteamと1,300万リアルの契約を結んだ。
11.06.14 (Saudi Gazette)
リヤドのキングファイサル特殊病院・研究センターに設立される、300床のキングアブドラ腫瘍肝臓病センターの礎石が築かれた。9億リアル余りが投じられ、最新設備を備えた放射線科も設けられる。2020年にサウジのがん患者は2万1,000人まで増えると見られる。
11.06.14 (Reuters)
サウジ農務大臣は、11年度の小麦輸入量を前年比横ばいの200万tとし、14年までに備蓄量を年間消費量まで引き上げると発表した。
11.06.14 (Gulf News)
サウジが新築住宅の目標を達成するには、官僚的な非効率を減らし、デベロッパーの助けになるようにすべき、とエマール社幹部が語った。また、実際に供給されるのが、最も需要のある20~50万リアルの価格帯ではなく、100万リアル前後の物件であり需給にずれがある。
11.06.14 (Saudi Gazette)
設計コンサルティングのアトキンスとサウジの建設会社モハメド・ハラサニは、合弁企業W.S. Atkins & Partners Overseas Engineering Consultantsの商業登記を終えたと発表した。アトキンスは、SABICの戦略投資調査、最近ではマッカメトロ、リヤドタワー、ラスアズール鉱物都市の基本設計などを手掛けている。
11.06.13 (Arab News)
国王の意向を受け、サウジ赤新月機構(イスラム圏の赤十字社組織)は救急車を215台購入する契約を国内企業と締結した。また、組織の10カ年開発計画策定をマッキンゼー・アンド・カンパニーと契約した。
11.06.13 (Emirates 24|7)
11年上半期のUAEとバーレーンの自動車販売が落ち込む一方、財政出動のあったサウジとクウェートでの売れ行きは好調で、オマーンとカタールでも5~10%伸びている。
11.06.13 (Reuters)
サウジ航空のケータリング事業部門の新規株式公開は、資本市場庁の承認待ちなどのため遅延すると同社が発表した。資産価値は推定5.4億ドル。
11.06.13 (Arab News)
サウジ工業開発基金(SIDF)は、新規14件、拡張2件の計16件、6億9,300万ドル分の融資案件を承認した。
11.06.13 (TredeArabia News Service)
GCCのアルミニウム生産高は、10年の360万トンから15年には500万トンまで増加する見込み。ドバイアルミ、エミレーツアルミの副社長が発表した。
11.06.13 (Reuters)
サウジのアルトゥワイルキ・スチール(Al-Tuwairqi)は、サウジで過去最大規模となる19億ドルの銀行債務再編を行い、26行が最終文書に署名した。
11.06.13 (Reuters)
サウジ電力は、136億3,000万ドルの無利子政府融資を受ける。
11.06.13 (The Peninsula)
2022年のサッカーW杯開催国カタールのインフラ需要に注目するサウジの民間企業は、11年後半に100名以上からなる一大ミッションをカタールに派遣する。建設や銀行だけでなく、交通、不動産、貿易などでの合弁事業等に発展する可能性がある。
11.06.12 (TradeArabia News Service)
アドビ・システムズ中東北アフリカは、サウジの公式ディストリビューターにアルファラク・ディストリビューションを選んだ。
11.06.12 (Arab News)
ジッダ商工会議所は、サウジ人の工場幹部候補を対象にした研修施設の設立を提案した。
11.06.12 (Arab News)
マディーナ東部の知識経済都市(KEC)は、知識関連産業のみならず、観光客向けのテーマパーク、ホテル、モールが併設され、文化遺産を重視したものになる。シティスケープ・ジッダへの出展で明らかになった。
11.06.11 (Arab News)
(続報)労働省は、サウジ人雇用比率に従って民間企業を優・緑・黄・赤にランク付けし、ランクごとにインセンティブやペナルティを設けるニタカット・プログラムの詳細を発表した。建設業では10%、銀行業では70%など、設定比率は業界により大きく異なる。自社のステイタスは http://www.mol.gov.sa で確認できる。赤企業は、外国人労働者のビザ更新が認められないとされているが、罰則適用まで6か月
11.06.10 (Saudi Gazette)
フランスのシュナイダー・エレクトリックは、CSR活動としてサウジ人向け研修プログラムをアピールした。1年間の欧米派遣奨学金が含まれる。
11.06.10 (Arab News)
ABBは、ハラマイン高速鉄道の変電所向けの380kVガス絶縁開閉装置(GIS)の設計・納品・据付・運転開始を、Alfanar社から8,500万ドルで受注した。
11.06.09 (Saudi Gazette)
JETROによると、日本とGCCの貿易は25%増の1,224億ドルとなり、うち日サ貿易は23%増、日GCC貿易に占める日サの割合は35%となった。
11.06.09 (FT)
サウジはOPEC会合を前にひそかに原油を増産しており、5月の増加は日量20万バレル、6月にはさらに20~30万バレルに及び、08年半ば以降初めて日量900万バレルの大台となる見込み。夏場の国内需要の高まりと欧米中の消費国への配慮が背景にある。
11.06.09 (Saudi Gazette)
サウジ鉄道機構は、ハラマイン高速鉄道のマッカ、マディーナ、ジッダ、KAEC各駅の建設予定地をコントラクター各社に引き渡したと発表した。
11.06.08 (Saudi Gazette)
サウジ観光遺跡委員会(SCTA)は、ホテル等が上乗せで徴収しているサービス料を廃止する命令を発した。
11.06.08 (Saudi Gazette)
アクセンチュアは、ファイサリア・グループ傘下で、企業向けソリューションを提供するFBTCの最大株主となり、合弁企業を設立することで合意した。
11.06.08 (Saudi Gazette)
保健省の幹部会は、プライマリーケア戦略計画を承認した。各自治体の人口密度と費用対効果に基づいて施設の分類が行われた。また、ラビーア保健大臣は、通院できない患者向けの在宅治療特別チームを立ち上げることを明らかにした。
11.06.08 (Emirates 24|7)
ジャドワ・インベストメントによると、11年末対外保有資産は850億ドル増加し、サウジの公的債務は1,600億リアルに微減見込み。潤沢な原油収入を基に完済できるはずだが、利払い負担も少なく、手元にキャッシュを残しておきたい意図があるものと思われる。公的債務は、1999年に6,890億リアルまで増大していた。
11.06.08 (Arab News)
サウジの中央銀行にあたる金融庁(SAMA)のジャーセル総裁は、1,300億ドルに上る追加財政支出により、11年の実質GDP成長率予測を4.3%から6%に上方修正すると述べた。
11.06.08 (Saudi Gazette)
知識経済都市(KEC)は、ジッダの「シティスケープ」に出展、Dar Al Jewarの居住地区の詳細などが披露される。サイトでKEC幹部とのミーティングも事前にアレンジ可能(www.madinahkec.com)。
11.06.08 (Reuters)
情報筋によると、エタン分解装置の能力増強などを含むペトロラービグ第2期の入札案件7件の入札は10月1日締切で、来年早々に発注される予定。過去5年にアラムコから39件を受注している韓国企業をはじめ、日韓欧の企業の価格競争がますます激化するだろう。
11.06.08 (Saudi Gazette)
サウジアラムコは、初のオフショア非随伴ガス田であるカランの開発を、当初計画より1年早い12年に完了すると発表した。生産量は日量18億cf。
11.06.08 (Arab News)
電力法で、海水淡水化発電プロジェクトではコジェネレーションが必須である条文が追加されることが閣議決定された。
11.06.07 (Arab News)
諮問評議会は、サウジ人女性が自治体の選挙に参加できるよう、必要な措置を講ずることを政府に勧告した。
11.06.07 (Saudi Gazette)
情報筋によると、女性向け雇用創出対策として、教育省の年間計画とは別に、女性教員32,000人、男性教員13,000人、幼稚園・保育園教員7,000人の雇用が準備される。現在、女性教員26,000人の2割は既に20年以上勤務している。
11.06.07 (Arab News)
中小企業(SME)の支援ファンドが設立されることが発表された。
11.06.07 (Arab News)
アブドラ国王がランジェリー店で女性だけが働けるようにする措置を1か月以内に実施するよう命じたのを受け、サウジのビジネスウーマンは、迅速な実施を求めた。05年にも労働省から同様の通達があったが、事態は一向に変わらなかったのだ。
11.06.07 (Arab News)
サウジ国内に17店舗を持つH&Mブランドを展開するAlshayaは、H&M、女性のための未来高等研修所と組んで、サウジ人女性向けに7週間のアパレル小売研修コースを開始した。製品知識、顧客サービス、販売スキル、店舗管理、視覚に訴える販売に加え、コミュニケーションや問題解決など一般的能力の指導もあり、授業は英語で行われる。
11.06.07 (Arab News)
日立プラントテクノロジーは、東部州アルコバールでエネルギー向けのポンプ、コンプレッサー、タービンなど主要製品のショーケースを行った。住川雅晴・取締役会長は、製造・メンテナンス拠点を間もなく設置すると述べた。
11.06.06 (Arab News)
サウジ・ブリティッシュ銀行(SABB)HSBCサウジ購買担当者指数は62.6、石油以外の民間部門の新規発注や雇用率は改善、但し投入物の全般的な物価上昇がかなり高い水準になっている。
11.06.06 (Arab News)
サウジ総合投資院(SAGIA)のダッバーグ総裁は、社会開発フォーラムで講演し、特に投資に関わる政府関係局は「競争力」を共通言語にすべきと述べた。
11.06.05 (Arab News)
アルバニアの議会棟の建設資金6億リアルをサウジ政府が融資するプロポーザルが検討されている。アルバニアは国民の多数がムスリム。
11.06.05 (Emirates 24|7)
サウジの2011年財政支出は480億ドルの増加となる見込みで、以前の財政安定化戦略から大きな転換となる。にもかかわらず、GDP比3.2%の財政黒字となる見込み。
11.06.05 (Arab News)
諮問評議会は、気象環境機関に対し、環境改善のための大気・土壌・海洋モニタリング・ステーションをさらに設置するよう勧告した。
11.06.05 (Arab News)
アブドラ国王は、教師や医療資格者に対し6万6千人分の雇用を創出するよう命じた。女性だけの産業向けの土地配分や、サウジ人向けの民間企業の職の調査なども1カ月以内に行われる。
11.06.05 (Arab News)
GEのエネルギー製造業技術センター(GEMTEC)は、世界で最先端の技術を使った物作りを行い、ハイテク製品の輸出拠点としてヒューストンよりも大きくする、とGEのジョン・クレニッキ氏が述べた。
11.06.05 (Reuters)
4月21日から計画メンテナンスを行っているペトロラービグは、6月7日に原油蒸留ユニットを再開すると発表した。
11.06.04 (Saudi Gazette)
ボストン コンサルティング グループのグローバル・ウェルス報告によると、サウジで1億ドル以上の資産を持つ超富裕層は826世帯と、ドイツの839世帯とほぼ同水準。10万世帯当たりでは18世帯となり、クウェートの8世帯などを大きくしのぐ。
11.06.04 (Saudi Gazette)
サウジ鉄道機構(SRO)総裁でもある交通大臣は、聖地を結ぶハラマイン高速鉄道の工事進捗状況を視察する。ジッダ空港付近の高架部分が数日内に開通予定。
11.06.04 (Saudi Gazette)
ナイミ石油鉱物資源大臣は、名誉博士号授与のためポーランドを訪問、キングアブドラ科学技術大学と現地大学との提携に言及した。また、東部州ダーランに世界最大級10MWの太陽光発電プラント設置を計画しているとも述べた。
11.06.03 (Saudi Gazette)
GEと技術職業訓練公社(TVTC)は、エネルギー産業で年間最大100人のサウジ人技師等を対象に、技術職業訓練プログラムを提供することで5年間期限の覚書を交わした。
11.06.03 (Arab News)
湾岸環境フォーラムで、スウェーデン大使が率いる同国6社は、唯一国ブースを設け、再生可能エネ、廃棄物管理、上下水道、環境産業でサウジ市場への売り込みを図った。
11.06.03 (Arab News)
ACWAパワーは、ヨルダン最大の中央発電公社の株式51%を取得することで合意した。同社は昨年、オマーンのIWPP資産を取得している。
11.06.02 (Sankei Biz)
昭シェル、サウジに太陽電池技術
11.06.01 (Emirates 24|7)
緑黄赤プログラムやビザ6年ルールは、完全実施は不可能に近く、外国人労働者には今後も頼らざるを得ないというのが大方の専門家の見方。またサウジ以外のGCCに同様のルールが広がる可能性は低い。
11.06.01 (Khaleej Times)
サウジで直接の販売・ディストリビューションを行うことを決めたネスレ・ミドルイーストは、現地の大学と連携して「センター・オブ・エクセレンス」を設立、サウジ人の教育と雇用も積極的に行う。
11.06.01 (Arab News)
マッカ州知事は、ラービグ海水淡水化プラントの第2期分を開始させた。キングアブドラ経済都市や同科学技術大学での需要に対応する。NWCのCEOは、下水網と下水処理場に今後20年で860億リアル超を投資すると述べた。
11.06.01 (Arab News)
GEMTECの開所式がダンマン第2工業団地で行われた。2,000名超の雇用に直結する。
11.06.01 (Arab News)
SEHAI(サウジ電子機器・家電製品研修所)日サ両国のワーキンググループが会合を行い、これまでの技術教育水準を維持することなどで合意した。
11.06.01 (Arab News)
人的資源開発基金(HRDF)を通じて研修を受けてきた17,000人のサウジ人の42%が女性で、研修後の就職率向上が期待される。
11.06.01 (Arab News)
マディーナ(メディナ)の知識経済都市とサウジ不動産は、206棟のヴィラ建設を1億7,600万リアルでAl-Dar Al-Arabia社に発注した。知識経済都市の電気、上下水道などインフラ整備も2.5億リアル相当が発注される。
11.06.01 (Arab News)
ジッダ市当局は、南部にMODONが管轄する新しい工業都市の用地2,500万平米を確保した。ICT関連など400社が入居する予定。商工会議所のある会員は香水と医薬品の工場を設立する計画という。
11.06.01 (Saudi Gazette)
SABICと三菱レーヨンは、ジュベールでMMAとPMMAのプラントを建設・運営する合弁会社を設立すると発表した。サウジ産業の下流展開に好影響が期待される。