1. TOP
  2. 注目ニュース

注目ニュース

2011年5月

11.05.31 (Reuters)
国際通貨基金(IMF)は、2011年のサウジ経済成長率を6.5%、インフレ率を6%と予測。
11.05.31 (Arab News)
英国外務大臣とエネルギー・気候変動大臣が訪サ、国際エネルギーフォーラムで講演、キングアブドラ原子力再生可能エネルギー都市(Kacare)の本部を訪問したほか、両国のビジネスマンとも面談した。
11.05.31 (Arab News)
ビザ更新方針発言をめぐって様々な憶測が飛び交っているが、労働省スポークスマンは、ニタカット・プログラムで「黄」の企業の外国人労働者についての話であり、「赤」企業の外国人労働者のビザは滞在年数によらず更新されない、と述べた。
11.05.31 (Arab News)
湾岸環境フォーラムで、IAEA担当者らは原子力エネルギーの安全性を強調した。他の講演者は、太陽光パネルによるエアコン向けの電力供給、省エネの必要性等を指摘。全体的に原子力よりも太陽光等を優先すべきという雰囲気が強かった。
11.05.31 (Khaleej Times)
GCCは発電と送配電にそれぞれ650億ドル、計1,300億ドルを投資する必要があるとMEED報告書が指摘した。サウジのアブドラ国王が発表した住宅整備政策などで以前の予測が大幅に上方修正されている。また、カタール以外でガスの需給がひっ迫しており、発電用燃料の確保も課題。
11.05.30 (Arab News)
ジュベール・ヤンブー王立委員会(RCJY)は、ヤンブーの医療センター等の事務サービス、技術指導、人員派遣、管理運営をZahran Operation &Maintenanceに、女子校の設立をSamamaに、計4,480万ドルで発注した。
11.05.30 (Reuters)
労働大臣がアルハヤト紙に語ったところによると、就労ビザが発行後6年を経た外国人労働者には、ビザ更新が行われない方針が取られる予定。
11.05.30 (Saudi Gazette)
マレーシア本拠のVigilantは、サウジに合弁の独占代理店を設立し、空気中から飲料水を抽出する製品(15l、35l)を普及させる。水電力省によるとサウジの飲料水消費は年率24%で伸びている。
11.05.30 (Saudi Gazette)
サウジアラムコは、ラスタヌラ製油所で、10ppmの超低硫黄軽油を産出する水素化精製装置が完成したと発表した。
11.05.30 (Reuters)
SABICの欧米事業投資の金融や財務を担当するSABICキャピタルは、三菱東京UFJ、シティ、SMBC、ING、みずほの各銀行から20億ドルを調達する方向で調整している。
11.05.30 (Reuters)
サウジ・インダストリアル・インベストメントとその子会社のナショナル・ペトロケミカルは、予定されていた合併を11年末以降に先延ばしする。ペトロケム社のシェブロンとの合弁生産が軌道に乗ってからとの判断。
11.05.29 (Arab News)
サウジアラビア航空は、中核となる運輸事業部門の民営化を計画通り2013年までには行うと発表した。ケータリング、貨物の各事業は民営化が行われている。また同社は「スカイチーム」加盟で基本合意済み。
11.05.29 (Arab News)
交通大臣は、リヤド州を中心にサウジ全土1,865kmの道路建設プロジェクト契約を、国内2社と23.8億リアルで締結した。なお今年度は、389件、6,600kmの道路新設予算30億ドルが計上されている。
11.05.29 (Arab News)
アブドラ国王は、政府機関で働くサウジ人の賃金水準を承認、最低賃金は3,000リアル(800ドル)となる。
11.05.29 (Reuters)
デベロッパー大手のジャバル・オマールは、新株発行による38.4%の増資の承認を株主から得たと発表した。また同社はマッカのグランドモスク複合施設開発プロジェクト向けに3.6億ドルをブリッジ・ローンで調達する。
11.05.28 (Saudi Gazette)
メルセデスベンツの独占ディーラー、ジュファリ社と人的資源開発基金は、サウジ・ドイツ自動車研修所を設立することで合意した。サウジ人学生にプラントでの技能や英語のコミュニケーション能力を習得させる。
11.05.28 (Saudi Gazette)
GEは、エネルギー・製造業技術センター(GEMTEC)を間もなく開所、ガスタービンの補修などの教育・研修を通じてサウジの製造・輸出力向上に貢献する。
11.05.27 (Arab News)
サウジへの医療ツーリズムを成長させるため、先進国でのヘルスケアで重要な位置を占めるリハビリ・センターや療養リゾートを充実させるべきと商工会議所関係者などが指摘している。
11.05.26 (Arab News)
リヤド商工会議所は、支所を現在の11か所から増やす計画。過去5年で商業登記の申請が5倍に増えていることに対応する。
11.05.26 (Gulf News)
アブダビの建設大手Al Jaber Groupは、オーストラリアに続いてサウジにも事務所を開設する。懸念されている債務再編についてはコメントを拒んでいる。
11.05.26 (Arab News)
サウジ工業用地公団(MODON)の財務責任者は、若手起業家には、MODONが整備する工業都市や工業開発基金(SIDF)のローンを使って、消費財の製造に取り組んでほしいと述べた。
11.05.26 (Arab News)
サナド・ビチューメン・プロダクツは、中国石化(シノペック)とビチューメン(炭化水素の混合物)製品の最新技術の支援で合意した。
11.05.26 (Saudi Gazette)
中国の家電大手ハイセンス(海信集団)のサウジでのディストリビューターであるZagzoog社のビジネスミッションが青島の海信本社を訪問した。両社は合弁のエアコン製造プラントを立ち上げることで合意している。
11.05.25 (Arab News)
諮問評議会で、サウジの週末を木金から金土に変更する案が検討されているが、金融業は海外との取引が容易になる、既に文化と結びついており変えるのは容易でないなど、人々の反応はさまざま。
11.05.25 (Saudi Gazette)
キングアブドラジーズ大学(KAU)工学部は、工業・電子分野で女性向けの専門教育を行う計画。
11.05.25 (Saudi Gazette)
ジッダのキングアブドラジーズ新国際空港のくわ入れが行われ、建設を受注したサウジビンラディン・グループ(SBG)の社員が作業を開始した。67万平米の敷地には、ハラマイン鉄道駅や世界最高の管制塔の建設も予定されている。
11.05.25 (Arab News)
このサウジ人雇用プログラム「ニタカット(Nitaqat)」について、リヤド州知事のサルマン王子は労働大臣を支援すると両者の会談で述べた。
11.05.25 (Saudi Gazette)
リヤド商工会議所での会合で労働大臣は、サウダイゼーションで「緑」に格付けされた企業はビザの無制限発給や必要なサービス等をすべて利用できると語った。これに対し企業側は、格付けの悪い企業の対策が遅れると、建設作業の遅れがますます悪化し、プログラム導入は時期尚早とコメントした。労働大臣は、失業者44.8万人に対し外国人は800万人、女性失業者の4分の3は院卒、対策の遅れている企業は今回がラストチャンスだ
11.05.25 (Arab News)
ジャドワ・インベストメントによると、2010年サウジの石油以外輸出額はプラスチックが112億ドルと石化を上回り、初めて最大シェアとなった。数量の増加だけでなく、価格の42%上昇が寄与した。
11.05.25 (QJM/Saudi Gazette)
スイスのスウォッチ社は、ジッダの小売りAlzouman General Trading社の株式33.3%を取得した。同社はサウジ各地に100以上の店舗を持つ。
11.05.25 (QJM/Saudi Gazette)
フランス鋼管メーカー、バローレックは、サウジ・シームレスパイプ社(ザーミル・パイプ)を買収する合意に至ったと発表した。バローレックが建設中の、シームレスパイプの特殊継手「VAM」螺旋切りプラントとの相乗効果を目指す。
11.05.24 (TradeArabia News Service)
サウジ鉄道公社(SAR)は、南北鉄道のうち鉱物鉄道部分の1,392kmを完工したと発表。Maadenのリン鉱石を輸送する試運転が行われている。
11.05.24 (Reuters)
サウジアラムコは、ダンマンで1938年に発見され、3,200万バレルの生産後に閉鎖された第7油田の再採掘の検討を開始すると発表した。
11.05.23 (FT)
サウジの保健分野の予算は、アブドラ国王による補正分を合わせて847億リアルとバーレーンのGDPにも匹敵する規模。しかし、無免許医師や診療待ちなど、お金を投じても解決しない問題もある。国民の中には、無料の国立病院からサービスの良い私立病院に鞍替えする患者も増えている。
11.05.23 (Saudi Gazette)
サウジのインフラ関連での契約総額は、11年1~3月期で497億リアルと、前年同期の88億リアルを大幅に上回った。石油・ガス部門が38%、交通関連が18%、産業(ポリシリコンやアルミのEPCなど)が10%だった。
11.05.23 (TradeArabia News Service)
三菱重工コンプレッサと三菱商事は、東部州アルコバールにアフターセールスの子会社を資本金100万リアルで設立する。
11.05.23 (The Peninsula)
GCC関税の手続きは12年1月までに導入される公算が大きくなった。
11.05.23 (Arab News)
アルラジ・スティールのプラント造成地引き渡し式がキングアブドラ経済都市(KAEC)で行われる。直接還元鉄のプラント能力は年産180万tの予定で、石油鉱物資源省と日量7,000万立米の供給で合意している。ステンレス製品も供給される。
11.05.21 (Arab News)
ダンマンに本拠を置くエアラダットは、アラムコ社員向け車両運行の契約を締結した。
11.05.21 (Reuters)
フランスの工業ガス大手エア・リキードは、サウジアラムコに窒素ガスを供給する20年間の長期契約を締結した。石油増進回収に使われる窒素を少なくとも日量500万立米供給する。同社はヤンブーのアラムコ製油所への水素ガス供給契約も結んでいる。
11.05.21 (Reuters)
韓国の大林は、サハラ石化とMaadenの合弁プラントのEPCを7.5億ドルで受注した。ボーキサイトからアルミナを精製する際に使われる苛性ソーダ、および2塩化エチレンを生産、サウジ工業開発基金(SIDF)から2.4億ドルの融資を受ける予定。
11.05.19 (Saudi Gazette)
サウジアラビア標準化公団(SASO)は、エアコンのメーカー全てを対象に、エネルギー効率比(EER)を導入する。EERは消費電力に対する冷却能力で、10以上だと最も費用効率的とされる。
11.05.19 (Arab News)
LG電子は、ジッダにLG ITアカデミーを設立、サウジ人女性に無料で講義を行い、修了者にはIT技術認証を与える。
11.05.19 (Arab News)
スウェーデンのアトラスコプコは、Maadenが建設するスメルターに発電淡水化プラントを収めるアラブ・コントラクティングと中国SepcoIIIの合弁に、5,000万ドル超でコンプレッサーを供給する。
11.05.19 (Saudi Gazette)
ヤンブーに「エラストマー産業高等研修所(HIEI)」が、技術職業訓練公社(TVTC)、国家産業クラスター開発計画(NICDP)の協力で設立され、12年9月の開校を予定している。海外パートナーには、米オハイオ州アクロン大学の高分子科学・高分子工学部とその研究財団が選ばれた。
11.05.19 (Reuters)
SECは、ドル建てのイスラーム債発行に向けて、HSBCとドイツ銀行を幹事に選定した。発行が実現すれば、国際資本市場からの初の資金調達となる。
11.05.18 (Reuters)
アラムコは、日量90万バレルのマニファ油田の開発を加速すると同社幹部が語った。2013年以降は、ジュベールとヤンブーの新たな製油所で精製される。
11.05.17 (Reuters)
業界筋によると、ペトロラービグ第2期の拡張は計画通りに進んでおり、EPC業者への入札案内が行われているという。FEEDは日揮が行っている。
11.05.17 (Arab News)
諮問評議会は、石油・ガス・鉱物資源部門での若者向けの訓練施設を石油鉱物資源省が設立すべきだと勧告した。
11.05.17 (TradeArabia News Service)
米ジェイコブズ・エンジニアリングは、アラムコから東部州ラスタヌラの製油所のFEEDを受託したと発表した。
11.05.17 (Arab News)
SABICと中国石化(シノペック)は、天津石化の合弁に、ポリカーボネートの生産も加える覚書を交わした。年産26万tの予定。
11.05.17 (Saudi Gazette)
Kemyaは年産40万t。カーボンブラックの技術については米コンチネンタル・カーボン社(CCC)と、SBRとポリブタジエンゴムについてはグッドイヤーと、それぞれライセンス協定を締結した。
11.05.16 (TradeArabia News Service)
サウジテレコム(STC)とマイクロソフトは、マ社製品を活用したサービスの提供、STC内のマイクロソフト研修センターの設立など戦略的アライアンスに合意した。
11.05.16 (Arab News)
資本市場庁(CMA)長官は、今年中に上場企業に対し三つの規制を導入すると述べた。またMSCIなどの指数にサウジ証取を含めてもらうべく協議をしているとも語った。
11.05.16 (Arab News)
Metitoは、サウジ北東部アルルカイ下水処理場の、MBR技術を使った最新式水処理施設の設計・供給・据え付けを420万リアルで受注した。
11.05.16 (FT)
南北鉄道、マッカ・マディーナ(ハラマイン)高速鉄道に比べ、ジッダとリヤドの950kmを結ぶランドブリッジ鉄道の経済性は悪いというのが大方の見方で、PPPプロジェクトの予定だったが政府プロジェクトになる見込み。南北鉄道を運営するサウジ鉄道公社(SAR)ではなく、ハラマイン鉄道のサウジ鉄道機構(SRO)が担当するものと思われる。
11.05.16 (Arab News)
ボンバルディアのサウジ法人は、ジッダ国際空港の全自動無人運転車両の設計・建設・運営・維持を9,600万ドルでサウジビンラディンから受注した。技術の大半は米国ピッツバーグの工場から供与される。
11.05.15 (Arab News)
ゴサイビ経済計画大臣は、情報通信技術への投資は2015年までに5,000億リアルに上ると述べた。サウジのブロードバンド加入者は09年時点で275万人。
11.05.15 (Emirates 24|7)
ナショナル・コマーシャル銀行によると、家賃の高騰、ドル安、コモディティ価格の高騰が重なり、サウジの2011年物価上昇率は5.5%と2008年以来2番目の高水準になる見通し。
11.05.15 (Reuters)
SABICとエクソンモービル化学の合弁、(Kemya)は、米ジェイコブズ・エンジニアリング、三井造船の2社に、合成ゴムのプロセスユニットの基本設計(FEED)を委託した。
11.05.15 (Reuters)
サウジアラムコの発電部門幹部は、自社の発電能力を2015年までに4GWに倍増させ、発電効率を75%まで高めると述べた。国内需要が順調に推移すると、2030年には国内の発電だけで原油換算で300万バレルを消費する。
11.05.14 (Saudi Gazette)
外国人投資家の影響を議論するユーロマネー・サウジアラビア会議が開催され、財務省、中央銀行、Tasnee、サウジ電力、JPモルガンなど官民の幹部が勢ぞろいする。
11.05.12 (Arab News)
ジッダで、ソリマン・ファキーフ病院のDGが、サウジ初の私立禁煙クリニックを開院した。関係者によるとサウジ人のタバコ消費は年間50億リアル、4万トンに上り、禁煙を希望する喫煙者も増えている。
11.05.12 (Emirates 24/7)
サウジのファミリービジネス関係者が、コーポレートガバナンスの強化計画を議論した。08年の債務不履行問題を受けたもの。PwCの調査によると、ファミリービジネスの失敗要因は、継続計画、内紛、同族メンバーのコミュニケーション不足などが多い。
11.05.12 (Arab News)
ニューズ・コーポレーションは、オプション行使によりワリード・ビンタラール王子率いるロターナの新規発行株式を3,500万ドル取得、出資比率を14.53%まで高める。
11.05.12 (Arab News)
韓国サムスンエンジは、ジュベールでエンジニア訓練センター「ナフォラ・テクノバレー」の開所式を行った。同社はアラムコ、SABIC、Maadenなどから100億ドル超の案件を受注、サウジ人従業員は2割に当たる180名。
11.05.12 (Emirates 24/7)
ジャドワ・インベストメントは、サウジの2011年の実績ベースでの財政支出は、41%増の8,210億リアルにまで上がる可能性があるとの見方を示した。
11.05.11 (FT)
リヤドのオラヤ通りでは、海賊版のアプリケーション、ゲーム、映画などのソフトが5ドル以下で売られている。個人PCにインストールされたソフトの51%が海賊版だが、覆面調査での摘発や判事の認識向上など進歩も見られる。
11.05.11 (Arab News)
ネスレが代理店を経由せずに販売を始めるとの発表は、サウジ消費財市場の巨大さを改めて裏付けた。販売訓練センターの設立などを通じてサウジ人の若者の人的資源に寄与するだけでなく、の消費者も低価格などの恩恵にあずかれる。一方で、単純な輸入代理店ビジネスは縮小していくかもしれない。
11.05.11 (Reuters)
韓国GSエンジは、アブダビでの70億ドル相当のプロジェクト一段落後、サウジ市場にさらに注力すると述べた。他の韓国エンジ会社が多くの案件を受注しており、商機は大きいとの見通し。
11.05.11 (Reuters)
サウジアラムコ最大のラスタヌラ製油所で、10ppm未満の超低硫黄軽油の生産が始まったと同社が発表した。
11.05.11 (Arab News)
米ハースコ社は、サウジから南北鉄道のレール・メンテナンス等業務を1,500万ドルで受注した。
11.05.11 (FT)
湾岸協力会議(GCC)がヨルダンとモロッコを加盟させてアラブの君主国連合となるという発表に、驚きの声が上がっている。2カ国を保守的な王制と見るGCCがアラブ地域を再構成する動きと言え、両国の政治改革を妨げる可能性もある。
11.05.11 (THE PENINSULA)
米ドルの変動が激しくドル安傾向にあることから、GCC各国の通貨を米ドルではなく、金(ゴールド)や通貨バスケット等に対してペッグすべきとの声が根強い。
11.05.10 (Reuters)
Maaden副社長は、2015年までに金の生産量を40万オンス程度に倍増させたいと述べた。金採掘に必要な水が不足しているため、ターイフからサウジ中部の鉱山周辺に450kmの送水管を敷設する。
11.05.10 (TradeArabia News Service)
6月11~13日、ジッダ不動産サミット開催。持ち家比率を2024年までに8割まで上げたいサウジ政府の住宅政策により、市場は急伸すると見られる。
11.05.10 (TradeArabia News Service)
スペインに本拠を置くエンジニアリング大手のGhesaは、リヤドに事務所を設置した。プリンセス・ヌーラ女子大学に180以上の泉を設置する業務などを受注している。
11.05.10 (Arab News)
韓国との原子力協力協定の協議が閣議で承認され、キングアブドラ原子力再生可能エネルギー都市のヤマニ総裁に署名権限が与えられた。
11.05.09 (Arab News)
遠藤大使は、アルワリード・ビンタラール王子に対し、日本への義援金に謝意を表した。
11.05.09 (Reuters)
サウジテレコムのCEOは、シリア第三の携帯電話事業のライセンスを取得できると自信を見せた。
11.05.09 (Reuters)
韓国サムスン・エンジニアリングは、Maadenとアルコアによるアルミ事業の圧延ミルなどのEPC業務を5.9億ドルで10注したと発表した。
11.05.09 (Reuters)
サウジアラムコは、コノコフィリップスが所有するドイツの製油所の買収計画に関与しているとの報道を否定した。
11.05.09 (FT)
長期的なエネルギー供給パターンに影響しそうなのは、福島の事故やリビアの反乱ではなく、シェールガスの重要性が上がっていることだろう。
11.05.09 (Saudi Gazette)
在サウジの企業が40業種に分類され、業種ごとにサウダイゼーション比率が提示される。またサウダイゼーションを防ぐため検査官を1,000名ほど配置する予定。
11.05.09 (Arab News)
サウジ労働省は新たなサウダイゼーション計画について言及した。民間企業をサウジ人の雇用度合に応じて緑黄赤にランク付けし、赤企業は外国人労働者の就労ビザ更新ができなくなる一方、緑企業は赤や黄の企業の外国人を、雇用者の承認なしで雇うことができる。緑企業に対する追加的インセンティブの詳細は、6月11日に発表される。
11.05.07 (JETRO)
サウジアラビア 文化祭典で日本を紹介 テレビ番組「世界は今 ‐JETRO Global Eye」
11.05.07 (Reuters)
UAEの高官によると、GCC諸国は、残された問題を2015年までにクリアして関税同盟を完全施行する計画。共通関税は03年に5%で統一されているが、サウジ・UAE間国境で多くのトラックが足止めされるなど行政上の効率性には疑問がもたれている。
11.05.06 (Arab News)
エアコンなど家電の修理交換の保証書があるにもかかわらず、メーカーも小売店も何も対応をしないとの苦情が増加している。
11.05.06 (Arab News)
サウジ食品医薬品局(SFDA)は、プラスチックやナイロン製の飲食品容器は、腎臓や肝臓に悪い影響をもたらす可能性があると警告している。
11.05.05 (Arab News)
バーゼルIIIの新たな自己資本比率規制に対応し、エコノミストらがGCCの銀行経営者を集めた大学の開催などを提案した。
11.05.05 (Gulf News)
欧米だけでなく湾岸からもタイなど東南アジアを医療ツーリズムで訪問する例が増えているが、湾岸諸国への医療ツーリズム市場も伸びる兆しを見せている。
11.05.05 (Saudi Gazette)
教育省は、世界的に通用する科学のスキルを身につけさせることなどを定めた開発目標を、2015年までに達成する計画。
11.05.05 (Saudi Gazette)
PARC社の調べによると、サウジの11年1~3月期広告支出は11%増となった。2010年の広告市場は11.7億ドルだが、潜在規模より75%小さいと指摘する専門家もいる。
11.05.05 (Saudi Gazette)
5月29日~6月1日開催の「サウジ・エナジー2011」主催会社によると、サウジでは2020年までに太陽光発電が5GW以上導入されると見られる。
11.05.05 (Arab News)
アルコバールとリヤドのルル・ハイパーマーケットで行われた食品フェスティバルが好評だ。サウジ史上最大の101メートルのケーキが振舞われた。
11.05.05 (Arab News)
ガルフ・オート賞をいすゞのピックアップトラックD-Maxが受賞し、いすゞオペレーションズタイランドの高島健社長らも駆け付けた。
11.05.05 (Saudi Gazette)
サウジテレコムは、3Dゲームが楽しめるプレイステーションを搭載した英ソニー・エリクソン製XperiaPLAYの販売を始めた。
11.05.04 (Arab News)
5月23~25日にアトランタで開催予定だった第2回米サビジネス・フォーラムは、VIPの日程調整が難航したため、再延期となった。
11.05.03 (Saudi Gazette)
ゴサイビ経済企画大臣は、サウジ政府は絶対的貧困の撲滅と住宅、医療サービス等へのアクセス改善、3,000リアルの最低賃金を目指すと述べた。
11.05.03 (Saudi Gazette)
サウジ工業開発基金(SIDF)は、新規10件、拡張4件の計14プロジェクトに対する合計9億リアルの融資を承認した。ジュベールでのポリシリコン製造、ポリプロピレン製造、ポリスチレン箱・ポリエチレン管製造、コンクリート製造、ガラス製造、石膏製造事業などが含まれる。
11.05.02 (Financial Times)
昨年78億ドルの利益を稼ぎ出したサウジの石化業界は、海外での合併・買収や拡張を再び本格化させると見られる。その対象は欧米よりも、顧客の多いアジアが多くなるとも考えられる。
11.05.02 (Arab News)
サウジ電力は、発電所拡張4件に、GEのガスタービン技術・サービスを活用すると発表、GEとの契約額は5億ドル超になる予定。対象となる1,680MW増設は、今年計画されている投資の半分以上に当たる。
11.05.01 (TradeArabia News Service)
リヤドの大使館街にサウジ初のリッツ・カールトン・ホテルが誕生する。設計は地場のオジェールが担当する。
11.05.01 (Arab News)
米タイム誌は、2011年に最も影響力のあった100人の1人に、MITの開発経済学者エスター・ダフロ氏を選んだ。同氏が所長を務めるアブドル・ラティーフ・ジャミール貧困アクション・ラボは、MIT同窓生・運営委員モハメド・アブドル・ラティーフ氏の父の名を冠している。
11.05.01 (Arab News)
ナショナル・コマーシャル銀行などがサウジ企業500社を対象に行った調査に基づく4~6月期ビジネス楽観指数(BOI)では、中東地域の不確実性が残るにもかかわらず、アブドラ国王による財政出動の発表を受け、かなり強気の姿勢がうかがえる。
11.05.01 (Saudi Gazette)
辞めたサウジ人従業員の名前を社会保険総合機構(GOSI)の名簿に残しておくなど、サウダイゼーションに関する民間企業の不正を受け、登録の確認作業が行われている。
11.05.01 (Arab News)
サウジのアル・コダリ・サンズと英Kierサウジ法人の2社は、東部州の各産業プロジェクトの事前資格審査に共同で登録する覚書を交わした。
11.05.01 (Arab News)
ナショナル・カンパニー・フォー・サルファー・プロダクツは、硫酸の生産ラインを増擁し、年産18万tと中東最大の硫酸生産拠点となった。
11.05.01 (Arab News)
ドイツ・サウジ省エネシンポジウムにドイツ企業8社やサウジ・グリーンビル評議会などが参加し、ドイツ側から様々な省エネ技術の提案がされた。
11.05.01 (Reuters)
関係筋によると、サウジの4月原油生産量は、需要の引き締まりに対応し日量850万バレルに増加した。
11.05.01 (Khaleej Times)
ドバイに本拠を置く家電など小売のシャラフDGは、GCC内の出店攻勢を強め、サウジにも3店舗をオープンする予定。