1. TOP
  2. 注目ニュース

注目ニュース

2010年12月

10.12.29 (Arab News)
HSBCグループのサウジ・ブリティッシュ銀行(SABB)は、若年層や中小企業を想定顧客としたシャリア遵守の特別サービスプログラムを開始する。
10.12.28 (Bloomberg)
アラムコは、ヤンブー工業団地の製油所を、コノコフィリップス参加時の当初予定13年から遅れ、14年に運転開始すると発表した。重油を日量40万b処理し、軽油とガソリン、副産物として硫黄とペトロコークスを生産する。
10.12.27 (産経新聞)
国王も皇太子も80代半ば…次の世代には数百人 サウジ王家、老いに直面
10.12.27 (Arab News)
サウジ鉄道機構(SRO)は、フランスTSO社との合弁を通じてリヤド・ダンマン間で28か所に橋を建設、高架化が間もなく終わる。これにより時速200kmの高速鉄道化も後押しされる。
10.12.27 (Arab News)
韓国で、スクークなどに対しても他の債券同様の免税措置を適用することを盛り込んだ金融法案が否決された。キリスト教福音派からの圧力があったと思われる。各国でイスラーム金融への抵抗が根強いことを教訓として学ぶべき。
10.12.26 (Arab News)
サウジ食品医薬局(SFDA)によると、国内医薬品に占める偽物の割合は0.5%未満。SFDAはオンラインでの医薬品購入を禁止している。
10.12.26 (Arab News)
在サウジの外国人は、アラビア語を全く、または片言程度しか話せない。アラビア語を学ぶ意欲がない人が多いだけでなく、そもそも言語を学べる機関もない。
10.12.26 (TradeArabia News Service)
中東でハイパーマーケット等86店舗を展開するルルは、富士通の販売時管理システム(POS)を採用することを決めた。
10.12.26 (TradeArabia News Service)
コニカミノルタとホシャン・カンパニーは、サウジ市場でのパートナー30周年を祝った。
10.12.26 (Arab News)
サウジの携帯大手Mobilyとエリクソンは、患者を遠隔モニタリングできるモバイル・ヘルスケア・ソリューションを立ち上げる。
10.12.26 (Reuters)
サウジ国営通信の報道によると、キングサウド大学と韓国の自動車メーカーは、サウジ初の自動車製造会社を5億ドルの資本で立ち上げることで合意、2年以内に試作車を完成させる。
10.12.25 (共同通信)
政府、エジプトやサウジアラビアなど未締結国と原子力協力 IAEA議定書で
10.12.25 (Arab News)
ルブアルハリ砂漠を通ってサウジ・オマーン2国を結ぶ全長750km道路工事は、2012年開通を目指し、9割が完成している。
10.12.23 (Arab News)
サウジ観光遺跡委員会のサルマン委員長は、「農業ツーリズム」について農業開発基金と覚書を結んだ。
10.12.23 (Arab News)
マッカ州知事は、紅海沿いジッダの南部クンフダの空港建設やアルリースの港湾・工業都市建設など、複数の観光プロジェクトを発表、これにより新たな雇用が5万人分創出されると述べた。
10.12.23 (Arab News)
水公社(NWC)のCEOは、過剰消費を避けるため水道料金を値上げすると発表していたが、当面は家庭用は対象外となる見込み。
10.12.22 (Arab News)
SABICのアルムライシェッド副CEOは、2011年は中東から中印アフリカへの石化製品輸出が増え、成長の年になると述べた。
10.12.22 (Ameinfo)
MODONのタウフィク総裁は、アラール工業都市の開発第1期である地ならしを完了したと発表した。イラクとの国境から60kmという地の利を生かしたプロジェクトへの活用が期待される。
10.12.20 (Financial Times)
米シェブロンはサウジ・クウェート中立地帯の技術的難度の高い油田開発を進めているが、90ドル前後の原油価格を想定すればペイする投資であろう。
10.12.20 (Saudi Gazette)
台湾のスマートフォン製造HTCは、サウジでアンドロイド携帯とウィンドウズ7携帯を発売すると発表した。
10.12.20 (Arab News)
電気系統や配管を手掛けるドレーク&スカルは、ザーミルとパートナーシップで合意した。
10.12.20 (Arab News)
独シーメンスは、SAGIAが1月22~25日にリヤドで開催するグローバル競争力フォーラムのスポンサーとなる。
10.12.20 (Saudi Gazette)
アブダビでは淡水化された水2,600万立米を地下の帯水層に備蓄する実証プロジェクトが計画されている。実際は水の安全保障が目的と見られる。GCCでは水の安全保障が課題となっており、サウジでは南極の氷を運び込むことさえ検討されたことがある。
10.12.20 (Financial Times)
過去半年で米系企業はサウジから大型の調達を成立させ、911以降冷え込んでいた米サ関係が回復している。Maadenとアルコアの108億ドルプロジェクトに加え、アラムコは先週発電機とコンプレッサー5億ドル相当をGEに発注、サンチェス米商務次官による訪サミッションは16社を引き連れて新たなインフラ開発への関与を狙う。
10.12.20 (Arab News)
Maadenは、アルコアとのアルミJV向けに21億ドルを公共投資基金(PIF)から調達する契約を締結した。
10.12.20 (Arab News)
諮問評議会委員でアナリストでもあるブフライガ氏は、今年度の予算は社会の贅沢の達成と人間開発に軸足を置くことができたと振り返った。
10.12.20 (Ministry of Finance)
サウジ財務省は、政府支出を1,547億ドルとする11年度予算を発表、教育が26%と最大のシェアを占める。各エコノミストも、雇用創出や海外直接投資につながると歓迎。10年度実績は1,085億リアルの財政黒字だった。10年度GDPは1.63兆リアル(予測値)、IMF予測のGDP成長率は3.4%、目標失業率は14年までに5%。
10.12.19 (日本経済新聞)
政府、7ヵ国以上と、資源獲得へ投資協定、サウジなど来年中に。
10.12.19 (Saudi Gazette)
エマール経済都市は、キングアブドラ経済都市の開発に政府融資を受ける可能性があるとSAGIAの担当局長が語った。
10.12.18 (Arab News)
マッカ市内の渋滞緩和のため、マッカメトロとハラマイン鉄道に加え、モノレール建設がウムアルクラ大学研究センターで検討されている。同センターは、東大などと協定も結んでいる。
10.12.18 (Arab News)
英マクラーレンのサウジでの新たなディストリビューターとなったガッサン・モーターズは、来夏に新型スーパーカー「MP4-12C」を販売すると発表した。
10.12.17 (MarketWatch)
斗山が建設するラスアズールの淡水化プラント向けのチタンを受注したアレゲニー・テクノロジーズの株価が上昇した。
10.12.16 (Reuters)
サウジ国際石化(Sipchem)は、韓国GSエンジに拡張第3期のプラント建設契約を3.85億ドルで発注した。
10.12.15 (ブルームバーグ)
GE日立ニュークリア、サウジで原子力発電事業の契約獲得目指す
10.12.15 (TradeArabia News Service)
ABBは、カタール総合電力水会社から1.4憶ドル相当の送電設備の新設と更新を受注した。
10.12.15 (ME NewsWire)
日立プラントテクノロジーは、エジプト初の太陽熱発電所向けにポンプを納品する。
10.12.15 (Bloomberg)
アラムコのファレCEOは、北部ジャラミードと紅海岸で発見されたガス田が15年頃には生産を開始するとの見解を示した。
10.12.15 (Reuters)
ジザン製油所FEEDとプロジェクト管理サービスの入札期限は12月25日となったが、事前資格審査を通過した8社はいずれも期限延長を求めている。
10.12.14 (Arab News)
サウジの経営者たちは、ビジネスのしやすさ指標で世界11位という快挙をもたらしたサウジの経済改革を称賛している。
10.12.14 (経済産業省)
サウジアラビア王国との共同プロジェクトの開始について~沖縄において、サウジアラビアの原油の貯蔵をスタートします!~
10.12.14 (Arab News)
ALJのイニシアチブであるバブリスク・ジャミールは、マッカの鉄道プロジェクトで279名の若者の雇用を創出した。
10.12.14 (Arab News)
サウジ航空とエールフランスのコードシェア便運航合意を受け、サウジ航空はスカイチームに加盟する発表を早ければ来月にも行う。
10.12.14 (Saudi Gazette)
訪サ中のマレーシア国際貿易産業相は、サウジ人投資家にマレーシアへの投資を呼び掛けた。これまでに、サウジが参加する製造プロジェクトとして、電気製品、繊維、機器、食品、プラスチックなど10件が承認されている。
10.12.14 (Financial Times)
クラフトフーズが乳製品工場を持つバーレーン国際投資パークには、サウジAbahsainと重慶国際複合材料有限公司のガラス繊維合弁工場のほか、シーメンスやBASFも進出を決め、75%の土地割当が済んでいる。平米あたり1.33ドルの土地価格、米国との自由貿易協定などのインセンティブによって、外資の進出が順調に進んでいる。
10.12.14 (Arab News)
Mawten不動産のCEOは、11億リアルを投じてリヤド工業団地の近傍に、電力網、上下水道、下水処理施設を完備した工業都市を建設すると述べた。民間部門のイニシアティブのモデルとなることを目指すが、MODONの仕様に沿って建設される。
10.12.14 (MarketWatch)
GEは、シャイバのガス田のタービンや関連設備を5億ドルでアラムコに納入すると発表した。
10.12.14 (Saudi Gazette)
サウジ水公社(NWC)は、11年には8億ドルをリヤドの水処理施設やジッダの貯水池など、新たな拡張計画や建設プロジェクトに投じる。また淡水化公社(SWCC)は、水処理施設の売却につき政府の承認待ちの状態にあると述べた。
10.12.14 (Reuters)
キングダム・ホールディングが出資するサウジの低価格航空会社、ナショナル・エアサービス(NAS)は、12~13年の新規株式公開を予定しており、恐らくドバイにハブを設置すると発表した。
10.12.14 (Reuters)
サウジ電力は、期間15年のムラバハにより13億ドルをNCBなど国内4銀行から調達完了したと発表した。発電、送配電プロジェクトに使われるが、計画中のプロジェクト向けにさらに資金が必要となる見込み。
10.12.13 (Arab News)
サウジ航空とエールフランス・KLMは、コードシェアを行うことで合意した。リヤド、ジッダとパリ間の便の予約・販売も共同で行う。
10.12.13 (Arab News)
リヤド州知事のサルマン王子は、ディライヤ開発プロジェクトについて議論し、遺跡や歴史的建造物の整備のため、来年にも契約が締結される見込み。
10.12.13 (Arab News)
ジッダのICT2010会議で基調講演したサウジテレコムの事業部副部長は、サウジでは大学や病院などでもICTブームが始まりつつあると述べた。
10.12.13 (Arab News)
KACST北東に建設予定の科学技術を楽しんで体験できる施設「サルマン王子オアシス」に、アラムコやSABICをはじめとする公私企業が4億リアルを拠出した。
10.12.13 (Arab News)
4年7カ月の務めを終えたジッダの石榑総領事は、日サ間の関係はこれまでにないほど強固になっていると述べた(記事は、サウジ・日本産業タスクフォース、SEHAIにも言及)。
10.12.13 (Arab News)
キングサウド大学内リヤド技術インキュベーションセンターのアルテルカウィCEOは、途上国で実務を通じて理解させる教育を展開するマーティン・バート氏の方法をサウジや中東の教育にも取り入れたいと述べた。
10.12.13 (Arab News)
リヤドの開発プロジェクトは、計画中のものを含めて約800億ドルに上るとリヤド開発局の関係者が述べた。
10.12.13 (TradeArabia News Service)
サウジはインフラ支出を10年の700億ドルから2011年に15%増加させる。5カ年計画では、11~14年で総額3,850億ドルを支出する予定。
10.12.13 (Saudi Gazette)
三菱電機サウジは、1,200万リアルを投じてリヤドに研修センターを設立すると発表した。学卒100名を対象にエレベーターやエスカレーターの設計・組立・補修を1年間にわたって教育し、成績の良い学生を採用することで同社のサウダイゼーション比率を15.5%から増やす。既に用地を確保しており、11年末までにフル稼働させる。
10.12.12 (ブルームバーグ)
OPEC総会、生産目標を据え置き-原油90ドルは一時的動きと判断 ヌアイミ石油鉱物資源相は総会で、需給は「均衡の取れた状態にある」とした上で、70-80ドルが「妥当な価格」との認識
10.12.12 (The New York Times)
【スライドショー】キングアブドラ経済都市
10.12.12 (The New York Times)
【図】サウジの各経済都市の見取り図
10.12.12 (The New York Times)
キングアブドラ金融地区と同経済都市は、かつてのブラジリアやソ連の実験都市と違ってユートピア創造ではなく、若者の雇用創出という現実の不安がきっかけだ。こうした経済特区内部のリベラル化は、一旦進めると止まらなくなるだろう。実際、KAUSTの食堂で男女がダンスしているビデオがネットに流出し、保守層を激怒させた。また、旧市街のスラム化を見過ごして新都市に巨額をつぎ込む動きへの批判もある。こうした都市が雇用
10.12.11 (SankeiBiz)
紙おむつ、新興国進出相次ぐ チッソなど不織布生産を強化 ユニ・チャームは北アフリカと中東向けの紙おむつはサウジアラビアの工場で生産してきたが、「需要に供給が追いつかなくなった」として域内の生産拠点を2カ所に増やす
10.12.11 (Arab News)
教育省と公教育開発プロジェクト(Tatwir)による、教育リーダー育成センターを設立する計画が、教育相によって承認された。
10.12.10 (Reuters)
湾岸の銀行や企業が、世界最大のイスラム債市場であるマレーシアで起債する例が増えている。
10.12.09 (Arab News)
イエメンの魚介類輸出額は1~9月に1.86億ドル2増え、最大の輸出相手国がサウジ。
10.12.09 (Arab News)
ジッダ商工会議所は、12日からサウジICT展示会・オフィス展示会を開催する。
10.12.09 (Reuters)
アラムコは11年のガスオイル購入契約先を探している。
10.12.09 (Arab News)
11日から、サウジ税関は化学物質、香水、シャンプー、歯磨き粉、ひげそりクリーム、殺虫剤、プラスチック製品など122品目の関税を軽減する。
10.12.09 (Arab News)
マディーナの知識経済都市で医療施設の建設が議論されている。また、サウジ製薬(SPIMACO)の事業などヘルスケア部門の国内自給に向けた変化が起こりつつある。
10.12.09 (Reuters)
米国大使を務めたこともあるバンダール・ビン・スルタン王子が所有する会社が、スーダンで電話、建設、産業プロジェクトに総額50億ドルを投資するとスーダン現地紙が伝えた。
10.12.09 (Arab News)
マッカとターイフの上下水道網維持・運営は、来月からサウール・ザーミルJVへの委託が開始されると水公社CEOが語った。
10.12.08 (Reuters)
湾岸の石化生産額は、2020年までに1,500~2,000億ドルまで増加するのが望ましいとアラムコのファレ社長が述べた。15年までに中東では9つの分解装置が新設され、エチレン生産能力は世界需要の4分の1にあたる700万tまで増える。
10.12.07 (Arab News)
神戸のIMAとサウジ保健省は、臓器移植の技術でサウジ人医師の受け入れなどの協力をすることに合意した。
10.12.07 (Arab News)
神戸のIMAとサウジ保健省は、臓器移植の技術でサウジ人医師の受け入れなどの協力をすることに合意した。
10.12.07 (Arab News)
キングアブドラ科学技術都市(KACST)とボーイング社は、意思決定支援センター(DSC)を設立することで合意した。航空宇宙製品をシミュレーション等で理解できるようになる。
10.12.07 (Reuters)
KACAREと面談したサンチェス米商務次官によると、サウジは10年以内に原子力発電を開発することを真剣に検討しており、米企業にとって大きな商機となる。
10.12.07 (Arab News)
11月のSABB HSBCサウジ購買管理者指数(PMI)が62.2に上昇、サウジ非石油部門の新規受注や雇用などのパフォーマンスが改善している。
10.12.07 (Arab News)
SAMA統計によると、サウジの民間部門銀行貸出は10月に増加に転じた。
10.12.07 (Saudi Gazette)
2010年に25~30%のシェアを占める4人乗りの小型車市場が、サウジで最も成長が大きい。中古車の禁輸措置がとられたことも、新車販売を加速している。
10.12.07 (TradeArabia News Service)
リヤドモーターショーとサウジオートショップが明日から同時開催され、8万5千人の集客が見込まれている。
10.12.06 (TradeArabia News Service)
グラクソスミスクラインが歯周病についてのフォーラムをリヤドで開催し、キングサウド大学の教授らが歯周病の重要性と最新の治療技術について講演した。
10.12.06 (Reuters)
SABICのマディCEOによると、サウジからのポリエチレン輸入品に対するインドの反ダンピング措置について両国政府が協議を行っている。
10.12.06 (Arab News)
MODONは、バハ工業都市の開発プロジェクトを承認した。近郊には鉱物資源が豊富。今後3ヵ月間、土地割り当ての申し込みをウェブ上で受け付ける。
10.12.06 (Financial Times)
WTO加盟後の特許権の保護と外国人の健康保険義務化により、サウジの医薬品市場は拡大している。米メルクやイーライリリーは、現地SPIMACOとライセンス契約を結んで参入した。最大で国民の4割が罹患する糖尿病薬は政府補助金により需要喚起が見込めるが、補助金のつかないED治療薬も800万錠の需要がある。
10.12.06 (Arab News)
第2回サウジヘルスケア拡大サミットで、中国の華為(Huawei)は電子遠隔健康管理ソリューションなどのデモを行った。同社はアラムコにもICTシステムを提供している。
10.12.06 (Arab News)
モーターショーの展示を視察したアルモグビル道路副大臣は、充実した車種や車関連用品のラインアップに満足していると述べた。
10.12.06 (Arab News)
サウジ鉄道機構(SRO)のホカイル会長は、来年からリヤド・ダンマン間で時速200kmの高速鉄道を3時間未満で運行すると発表した。
10.12.04 (Arab News)
韓国製の自動車はもっぱら低所得者層が購買していたが、最近は支払いの便宜、安全性、豪華さをてこに中所得者にもアピールしている。
10.12.02 (TradeArabia News Service)
アラブ飲料会議がベイルートで開かれ、サウジのアルラビ(Al Rabie)やアラマライが賞を受賞した。会議では業界内での協力や製品標準についても議論された。
10.12.02 (Arab News)
SABICは、キングサウド大学のリヤドテクノバレーにプラスチック応用開発センター(SPADC)を建設する契約をエルセイフ・エンジニアリング社と締結した。